相続 大府 ななつぼし

 

相続登記とは不動産の所有者が亡くなった場合に不動産の所有権を被相続人から相続人に移転する手続き(不動産の名義変更)をいいます。

 

 

相続による所有権移転登記では下記の書類が必要となります。

 

被相続人
・出生から死亡までの戸籍
・住民票の除票または戸籍の附票
・遺言書(遺言書がある場合)

 

相続人
・遺産分割協議書(遺言書が無い場合)
・相続人全員の印鑑証明書
・相続人全員の戸籍(全部事項証明書)
・不動産を相続する方の委任状
・不動産を相続する方の住民票の写し
・固定資産評価証明書または固定資産納税通知書(最新のもの)

 

 

 

※当事務所ではお客様から相続登記のご依頼をいただいた場合、提携司法書士に登記を依頼しております。